小樽市 歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 インプラント 「山岡デンタルオフィス」

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら 0134-32-1978

「ホームページを見た」とお伝えください

月?金 9:30~12:30 / 14:00~19:00(18:00最終受付)
土曜日 9:30?12:30(最終受付12:00)
※水の午後は特別診療 日祝休診

矯正歯科

キレイな歯並びで正しい噛合せを

歯並びが不揃いだったり、歯と歯の間に隙間があり正しく噛み合っていない状態を不正咬合と言います。むし歯や歯周病は比較的予防しやすいですが、遺伝など先天性の要因が影響してくる歯並びは、ご自身でコントロールするのが難しいです。山岡デンタルオフィスの矯正治療では、ただ美しくなるのではなく、食べ物を噛みやすくしたり、むし歯などの予防にもなる健康的で美しい口元を得るための治療を行います。

こんな噛み合わせでお困りではありませんか?

前後のバランス

上顎前突
(出っ歯)

上顎が下顎より前に出ている状態です。

下顎前突
(受け口)

下顎が上顎より前に出すぎている状態です。

上下のバランス

開咬

上下の前歯が噛まずに隙間がある状態です。

過蓋咬合

上顎が下顎より前に出すぎている状態です。

左右のバランス

交叉咬合

歯が逆に重なっている、またはすれ違っている状態です。

スペース不足・過剰

叢生

でこぼこに歯が
並んだ状態です。

すきっ歯

歯と歯の間に隙間がある状態です。

歯並びによる全身への影響

  • むし歯や歯周病になりやすくなります

    歯並びが悪いと歯と歯の間、歯茎の隙間に汚れが溜まりやすくなります。また、歯磨きの効率も悪いので歯石を上手く歯磨きで取りにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高くなり、口臭の原因にもなります。また、噛合せが悪いと顎関節症などの原因となる場合もございます。

  • 咀嚼しにくく、発音も悪くなります

    食べ物をよく噛むことが出来ずに、顎の関節や、胃腸などへの消化器官へ大きく負担かけてしまうこともあります。また、発音も上手く出来ないため、人と話すことにストレスを感じてしまうことがございます。

  • 体の成長に影響を及ぼします

    成長期に歯並びが良くないと、お口の筋肉や骨自体の成長や発育などに影響を及ぼしてしまいます。咀嚼機能の発育不足は、身体全体の発育の遅れに繋がる場合がございます。

  • 歯科治療の効率を悪くします

    悪い歯並びや噛合せは、矯正治療以外の一般的なむし歯や歯周病治療も難しくさせるため、治療に時間がかかったり、効率が上がらないこともございます。

  • 精神的なストレスになります

    つい歯並びを気にしてしまい、人前で笑うことが出来ないなど、精神的な負担を感じてしまう方もいらっしゃいます。また全身のバランスも悪くなり、頭痛や肩こりの原因になってしまうこともございます。

矯正治療の時期

子どもの矯正治療

お子様の将来の健康のために

子どもの矯正には歯並びを改善する以外にも、顎の発育を整えていく目的もあります。

成長途上の子どもの顎の骨はやわらかく、とても繊細です。少しの癖でも歪んだり、額関節にトラブルを起こしやすくなっています。爪をかむ、口呼吸をする、頬杖をつく、指をしゃぶるなどは、顎に悪い影響を及ぼす可能性のある生活習慣です。保護者の皆さんがしっかりと見守って注意してあげましょう。

I期治療とⅡ期治療

子どもの矯正治療には2つの時期があることをご存知ですか?永久歯と乳歯の混ざっている頃(Ⅰ 期)から歯科医院で診てもらうと、将来問題が起こりそうな部分を予測し、早期にかみ合わせや歯並びを整えるための準備を行うことができます。場合によってはⅠ期の永久歯が生えてくる前に歯の間隔を広げておいて、永久歯が正常に生えるようにすることなども可能です。

Ⅰ期治療

乳歯と永久歯の混ざっている期間

(7歳~12歳ぐらいの間)

歯や顎が成長途上の期間です。骨が柔らかいので、歯列の幅を広げたり顎の成長を調節(促進・抑制)することができます。取り外し式の痛みもほとんど無い装置を使用して治療する場合が多いです。

Ⅱ期治療

永久歯が生え揃ってからの期間

(おおよそ中学生以降)

Ⅰ期治療で、あらかじめ顎を広げるなどの治療をしておいて、引き続いてその後の本格的な治療を行うなど、基本的に成人と同じ内容の本格的な矯正治療をはじめることが可能な時期となります。

お子様の歯並びやかみ合わせに不安を感じたら、
できるだけ早く歯科医院で相談されることをおすすめします。

負担の少ない矯正装置で安心

ずっとお口の中に矯正の装置があると、感触も見た目も気になってしまうお子様も多いと思います。そこで当院では、お子様にはできるだけ、取り外し可能な矯正装置を使用して治療を受けていただくことで、お子様の心や身体の負担を減らせるよう考えております。

食事や歯みがきの時はもちろん、運動をする時や学校行事の際などにも自由に外すことができるため、食事中邪魔になったり、見た目がきになったりすることも減らせます。

※お子さまの歯並びの状況によっては、全部または一部に、取り外せない装置が必要な場合もございます。

取り外しできる矯正装置の特徴

● 食事がしやすく、歯みがきの邪魔にもならない
● 固定式よりも歯みがきしやすく、むし歯のリスクが少ない
● トラブルが起こっても取り外せるので怪我の心配が少ない
● 通院頻度が少なくすむ(安定後は2ヶ月に1度程)

×Ⅰ期(乳歯から永久歯へ変わる時期)でないと効果が出にくい
×毎日決められた時間は装着しないと治療期間延長される

大人の矯正治療

大人になってからでも遅くありません

「きれいな口元になりたいけれど、今更になって矯正するのもな…」とためらっている方はいらっしゃいませんか?しかし近年では大人になってからはじめて矯正治療を始めるという方も増えています。

矯正治療は子どもの頃にはじめるものだと一般的には思われがちですが、実は何歳からでもはじめることができます。その上、綺麗な歯並びを手に入れる治療によるメリットは、見た目の改善だけではありません。 歯を磨きやすくなることによって、むし歯や歯周病の予防につながります。また、かみ合わせが悪いと顎の筋肉や歯茎などに無駄な負担がかかってしまうのですが、そういった事も起こらなくなり、歯以外の健康にも繋がっていくのです。

より明るい笑顔へ・・・

歯並びを気にして、人前で笑うことをためらったり、会話の楽しさが半減してしまってはいませんか?

矯正治療でお口元のコンプレックスを解消して笑顔で過ごしましょう。

矯正治療の方法

当院ではマルチブラケットという一般的なワイヤーを用いた矯正治療や、マウスピースを用いた矯正治療などを行っております。患者様のお口の状態やご希望に沿った治療をご提案いたしますので、詳しくはご相談下さい。

矯正治療の専門医による治療を行っております。

当院では、矯正治療を専門に行なっている、小林歯科医院の小林先生にお越しいただき、矯正治療を行っております。
詳しい治療方法等は小林歯科医院の公式HPをご覧下さい。

小林歯科医院

Copyright (C) Yamaoka Dental Office. All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ